オリファイ、サードパーティーによるPowerPoint情報サイトの
ポータルサイト登録状況の調査結果を発表

2012年12月21日
株式会社オリファイ

 


 
株式会社オリファイ(本社:東京都中央区、代表取締役:山田 進一)は、サードパーティーによるPowerPoint情報サイトのポータルサイト登録状況の調査結果を2012年12月21日に発表しました。

近年、日本におけるプレゼンテーションの重要性が高まるにつれ、プレゼンテーション用のソフトウェアであるPowerPointに関する情報サイトが増えています。しかし、マイクロソフト以外が運営しているサイト(サードパーティーによる運営サイト)も多く存在しており、ユーザーとしてサイトの信頼度を示す指針が無いため情報の取捨選択に憂慮しているのが実情です。

そこで、ポータルサイトで一定の審査が行われた後にディレクトリ登録型ポータルサイトに掲載されているサイトは信頼度が高いという指標のもと、国内主要ポータルサイト68サイトを調査したしました。
その結果によると「プレゼンマスター(http://presenmaster.com)」が登録率99%で1位となり、2位の「PowerPoint119(http://www.ppt119.com/)」登録率37%以下を大きく引き離した結果となりました。
詳細な調査結果は以下の通りです。

【サードパーティーによるPowerPoint情報サイトのポータルサイト登録状況】
1位「プレゼンマスター」(http://presenmaster.com)登録率99%
2位「PowerPoint119」(http://www.ppt119.com/)登録率37%
3位(同率)「BB-Wave.comザ・プレゼンマン」(http://bb-wave.biglobe.ne.jp/prezenman1/)登録率1%
3位(同率)「パワーポイントの使い方」(http://www.tsnet.menet.ed.jp/kousyu/004/)登録率1%

【今回調査対象とした国内主要ポータルサイト:68サイト】
@nifty、117net、373news.com、AFP BB News、AGARA、auポータル、awaji-BB、BB4U、BIGLOBE、CNN.co.jp、days、DIAMOND、EGG、excite、Ferret、forest page、Fresh eye、goo、h555.net、hi-ho、inet! Communications、infoPepper、IWANICHI ONLINE、JWord、KOpticom、kyoto-Inet、Links、Lisme、Listing、livedoor、MOMOたろうインターネットクラブ、My LoFE、NetHome、NetPlatz、OCN、ODN、ONKYO、poroco、Real Pedia、RIMNET、Ritlweb、S!net、SANYNET、The FSI Network、VC-net、wip、woman excite、Yahoo!、くまにちコム、さきがけon The Web、ちばとぴ、とれまが、ぴあ映画生活、ブログの殿堂、まねきねこ、ロイター、伊勢新聞、釧路新聞、佐賀新聞、埼玉新聞、山形新聞、士業ねっと!、時事ドットコム、東奥日報、東洋経済、函館新聞、八重山毎日新聞、北海道生活。
以上
 
 

※「PowerPoint」は米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です

 
 


 
株式会社オリファイについて
株式会社オリファイは「素晴らしいものは、もっと多くの人に伝えられるべきである」という理念に従って2011年に設立されました。社名の【オリファイ】は「あなたの素晴らしさを照らし出す、独自の灯火になりたい」という想いから original + fire = orifay【オリファイ】と名付けられ、コンサルティング、インターネットマーケティング、セミナー、出版、ITソリューションを事業のコアとして、お客様から高い評価をいただいております。(http://orifay.com/

本件に関するお問い合わせ
株式会社オリファイ
電話:03-6271-5782
E-mail: info@orifay.com

 
 


全てのニュース