法人登記簿の取り方

一時期、かなりその業務をおこなって、
当時は当たり前で当然のようにできてたのに、
ちょっと時間が経つと「あれ?どうだっけ?」と
なってしまうことってありませんか?

そんな未来で困っている自分を救うため、
今現在困っている誰かの役に立つことを願って、
今回は登記簿の取り方を解説します。

例えば、法人用の銀行口座をつくる時や、
何かの申し込みを法人として行う時に、
では、登記簿用意してください、
といわれてることがあります。

■そもそも登記簿って?

で、登記簿、と検索すると、
登記事項証明書、と似たようなものが表示されます。

ん?登記事項証明書?登記簿と何が違うの?ってなりますよね。

結論から言うと、
登記簿と登記事項証明書は同じものです。

発行する場所が、IT化されてると登記事項証明書だし、
されてなかったら登記簿、と呼ばれます。
最近は大体、登記事項証明書です。

また、登記事項証明書には
現在事項全部証明書と履歴事項全部証明書がありますが、
現在事項全部証明書は現在の情報のみ、
履歴事項全部証明書は現在と過去の履歴全部。

履歴事項全部証明書の方が詳しいので、
登記簿、といわれたら、こっちにしておけば間違いありません。

さらに、証明書には
履歴事項全部証明書と履歴事項一部証明書、
現在事項全部証明書と現在事項一部証明書、
がありますが、当然、全部の方がくわしいので
全部証明書にしておけば間違いないです。
 
 
■申し込むときに持っていく必要があるもの

会社の印鑑カードがあると、非常に簡単なので、
ある場合は持っていきましょう。

後は、収入印紙代ですね。
一枚700円です。
 
 
■で、どこでどうすればいいの?

登記簿謄本は登記されている登記所でなければいけませんが、
最近登記した会社の場合、登記事項証明書でしょうから、
この場合は、どこの登記所でもOKです。

どこの登記所でもOKですが、
オリファイの住所が中央区なので、中央区を管轄している
東京法務局を例に進めます。

まず、最寄駅は、九段下。

で、九段下に着いたら、6番出口を出て、まず振り返る。

りそな銀行へ左に曲がり、道なりに350mほど歩くと,
左側,千代田区役所の次に白い14階建ての
九段第二合同庁舎、東京法務局がある。

東京法務局のビルに入ったら、3階に上がる。
会社の登記簿関係は3階。
エレベーターでもいいけど、階段でもすぐ。

3階に上がったら、まず、右側。
で、用紙に記入してもいいけど、請求機が便利。
部屋に入って右側の受付の左手にある。

印鑑カードがあれば、請求枚数と請求者氏名をカタカナで入力。
必要な額の印紙を購入して待つ。
請求者の名前が呼ばれたら窓口へ。
 
 
ということです。
では、迷わずに登記簿謄本を取るようにね、自分!

 

 

 

お問い合わせはこちらから
本件に関するコンサルティング・講演・執筆の依頼、
その他ご相談、お問い合わせは
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

 

殿堂入りメルマガ!ネットビジネス即効薬

インターネットでアナタのビジネスに、人生に、もっとチカラを!インターネットでビジネスを拡大したいけどイマイチ、なにかはじめたいけどなにもできていない人必読!ホームページ、ブログ、メルマガはもちろんツイッター、facebook、YouTube、Ustreamの活用方法に関してスグに結果が出る即効薬をアナタだけに処方いたします。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください